研ぎ:裁ち鋏 裁縫道具

裁ち鋏の研ぎ(ウンチク有り)

裁ち鋏を名古屋「研ぎや大須」にて研ぎ直し

裁ち鋏

裁ち鋏の内側は、樋状に裏スキがしてあるものですが、この鋏は所々平たく研いでありました。←追加料金が発生する原因

紙なんかを切る小さい事務鋏などは、平たくても反りだけで何とかなりますが、布の場合は復元力がありすぎるので、しっかりと樋状になった裏スキが必要です。布は柔らかいので、切られる時に押しつぶされます。そして切れたとたんに圧力から解放されて膨らみます。すると、その膨らむ力が両の刃を離そうとする力を生み出します。刃に隙間が出来てしまえば布は切れなくなるのですが、裏スキがある事によりその力を逃がすことができるのです。

反りによって作られる挟む力、布の膨らむ力に耐える分厚い刃、そして布の膨らむ力を逃がす裏スキによって、布は切れてゆきます。この3つがバランス良く働かないと、刃先がいくら鋭く研がれていても布はうまく切れません。

研ぎ料金は、2,400円。

-研ぎ:裁ち鋏 裁縫道具

© 2022 研ぎや大須|愛知県名古屋市中区