ハサミの先詰め【研究#7】

ホーム研究ノート
裁ちバサミ 裁縫道具

7-1.先詰め

何度も研がれた裁ち鋏は、当然細くなるのですが、裏すきとの関係で背や切っ先を減らさないといけなくなります。大きくて立派なものをチビさせるのですから、惜しい気がしますがしょうがありません。

写真の裁ち鋏は、服屋さんの所で長いこと研ぎ直しを繰り返していたようで、切っ先あたりが「ガリガリ」鳴るような切り心地になっていました。そのために先を詰めました。見栄えを気にしてあまり直すと鋏の寿命を縮めてしまうので、良い加減のところで納めます。

(2020年5月)

革包丁の裏だし(研究#8)

裁ちバサミ 裁縫道具

© 2020 研ぎや大須|愛知県名古屋市中区