包丁の柄洗い【研究#13】

ホーム研究ノート
包丁 調理用具

13-1.包丁の柄洗い

 

ウチの系統では、柄をきれいにしてから研ぎに入ります。

作業は大仰なものではなく、ごしごし擦るという程度のものです。

ラベルなんかは、細菌繁殖の温床になるので、剥がします。しつこ

い汚れは砥石の小割や磨き粉で擦ってゆけば削られるような感じ

で汚れが落ちてゆきます。

当店は、土地柄なのか、柄の状態の良い場合がほとんどなので、洗

うということも無く研ぎにかかりますが、たまに写真のような「風格」のあるものがやってきます。

「師匠の小噺」

おばあさんから和包丁を預かって、真っ黒になっていた柄もすっか

りきれいにして研ぎ上げた。お返しする際になって

「これは、違う。私の包丁じゃないわよ。」と言われてしまった。

間違いなく奥さんのですよ、と言うと

「私の包丁は柄が黒檀だったのよ。だからこれじゃない。」と。

お後がよろしいようで・・・。

(2020 年 6 月)

刃角度の研究「出刃包丁」編【研究#14】

「包丁 調理用品」

© 2020 研ぎや大須|愛知県名古屋市中区